小鯛ささ漬の若狭小浜 丸海

小浜海産物株式会社のスタッフが、ささ漬や魚の食べ方を情報発信!

丸海豆知識(アオリイカ)2019.09.10

漢字では「障泥烏賊」と表しますが和名の由来はひれの形が馬具の障泥(泥除け)に似ているから、あるいはひれをあおって泳ぐからとの両説があります。

 

f:id:LoveSakana:20190905070710j:plain

 

イカの種類は日本海域だけでも70~90種類生息していると言われていますが
その中でも、美味しさで一位、二位を争うのはこの「アオリイカ」とも言われています。

 

また、大きさも、大型のものは胴だけで50cmを超え、重さも2㌔を超えます。

低脂肪・低エネルギーで、旨味成分であるグリシンやアラニン、プロリンなどのアミノ酸が多く肥満予防の高タンパク質の健康食品です。
刺身、寿司タネ、イカそうめん等、特に生食がおすすめ。


身肉のモチモチとした歯ごたえと、サクッとかみ切れる食感。うまみと甘味が口いっぱいに広がります。一夜干しにしたものをさっと焼いて食べても良し。天ぷら、フライ、

酢の物など万能です。

 

丸海では、そのままでも美味しいイカの王様、アオリイカを贅沢に昆布〆にしました。
昆布の旨みがしみ込んでさらにイカの甘みが引き立ちます。

 


珍しいアオリイカの昆布〆、その食感と味をどうぞ楽しんでみてください。
この時期だけのささ漬です。

 

www.wakasa-marukai.co.jp