小鯛ささ漬の若狭小浜 丸海

小浜海産物株式会社のスタッフが、ささ漬や魚の食べ方を情報発信!

丸海 まめ知識 (ひしお) 2019.07.09

皆様、ひしおってご存知でしょうか?
 
 

f:id:LoveSakana:20190709062449j:plain

 
「醤」と書いて「ひしお」と読むのですが、日本に古来から存在した調味料であり、食材を塩漬けにして出た液体のことを「ひしお」と呼んでいたと言われています。
 
味噌や醤油などの発酵食品の原型とも言われていて、「熱を加えると、味噌のような味」「熱を加えなければ、醤油のような味」になるそうです。
 
ひしおには、肉醤(ししびしお)、魚醤(うおびしお)、草醤(くさびしお)、穀醤(こくびしお)の4種類があります。
 
肉醤は、肉の身と内臓を別々にして塩漬けにし、内臓から出た液体にさらに身を漬けこんで保存したもの。
 
魚醤は、魚介類を塩漬けにしたものから出た液体のこと。
 
草醤は、野菜を塩漬けにして、浸透圧で出た液体のこと。
 
穀醤は、現在の醤油や味噌となるものです。
 
そんなひしおの使い方は、炒め物にさっと入れたり、汁物に入れたり、卵かけご飯のお醤油がわりにしたりと、とっても簡単。
 
お料理に困ったときの強い味方ですね♪