小鯛ささ漬の若狭小浜 丸海

小浜海産物株式会社のスタッフが、ささ漬や魚の食べ方を情報発信!

丸海 まめ知識 (若狭ぐじ) 2018.01.23

若狭湾で獲れるアマダイは「若狭ぐじ」と呼ばれ、和食の高級食材として知られています。淡白な中にも味わいがあり、顔は・・・・・ちょっと、でこっぱち。

 

f:id:LoveSakana:20180123074411j:plain

 

 

「若狭ぐじ」を名乗るためには、釣り漁で獲れたぐじを専用の保冷ボックスに入れ、厳重に温度管理をして港へと運びます。この中から姿が美しく、大型のものだけを厳選して、さらに直接氷が触れないなど特別な管理の取り扱いをします。

 

f:id:LoveSakana:20180123074420j:plain

 

 


「身が繊細で傷つきやすい」というデリケートな「若狭ぐじ」。御食国若狭小浜を代表するさかなです。

 

f:id:LoveSakana:20180123074430j:plain

 

代表的な料理はウロコを立てずに焼く「若狭焼き」。甘鯛の料理の中でも、最も代表的なもので京料理を代表する逸品でもあります。

 

f:id:LoveSakana:20180123074448j:plain

 

 


一汐した甘鯛をうろこを付けたまま焼きます。

 

f:id:LoveSakana:20180123074501j:plain

 

(身はふっくらと皮目はパリッと焼けます) この時、うろこをたてないように焼くコツは『時間をかけて、弱火から中火で気長に焼く』こと です。

 

www.wakasa-marukai.co.jp

 

www.wakasa-marukai.co.jp

 

www.wakasa-marukai.co.jp