小鯛ささ漬の若狭小浜 丸海

小浜海産物株式会社のスタッフが、ささ漬や魚の食べ方を情報発信!

豆知識

丸海 まめ知識 (ほたるいか) 2019.05.14

深海からやってくる春の使者『ほたるいか』。 名前の通り蛍のように光る、多くの謎につつまれた神秘的な生き物です。 その光は陸上のホタルとは比較にならないほど強く、16m離れていても新聞が読めるとも言われています。 春になると産卵のため富山湾の岸近…

丸海 まめ知識 (昆布いろいろ)2019.05.07

昆布はアルギン酸・フコイダン・食物繊維がとても豊富。 化学調味料、保存料が不使用なので昆布本来の旨味を感じることができます。 あたたかいごはんにのせて頂くのはもちろん海苔のかわりにおにぎりを巻いても。 お椀に適量を入れてお湯を注ぐだけで昆布の…

丸海 まめ知識 (タコ) 2019.04.30

お刺身やおでんの具材、たこ焼きなど和食には欠かせないタコ。 メジャーなものですと、「マダコ」「ミズダコ」などがありますね。 一般的にタコというとマダコを指すことが多いのですが、これは生で食べられることがほとんどないタコです。 刺身用でも大抵の…

丸海豆知識 (メバル)2019.04.23

メバルは春から夏にかけて美味しい魚です。目が張っているので「メバル」。 夜行性で、名前のとおり目が大きく、視力がよいのだそう。魚にも視力ってあるんですね! 棲む場所によって体色が変わるため、赤メバル、黒メバルと区別することがあります。 筍が出…

丸海 まめ知識 (春告魚) 2019.04.16

春を代表する魚はたくさんいますが、産卵などのために日本近海に現れて春の訪れを知らせてくれる漁獲量の多い魚を「春告魚(はるつげうお)」と呼びます。 なんとも風情ある日本語でとてもきれいな響きですね。 実はこの春告魚、古来、ニシンがこう呼ばれて…

丸海豆知識  (サヨリ) 2019.04.09

サヨリ漁解禁!若狭に春を告げる「サヨリ漁」が解禁です! サヨリは 20~30cmのスマートな延長形で、細長い下顎が特徴。この下顎の先端部は赤く、美しい色かどうかが鮮度のバロメーターにもなります。 魚体は背部が青緑色で小さな鱗があり、体側、腹部は…

丸海 まめ知識 (たい) 2019.04.02

「たい」といってもその種類は様々。 「たい」と名のつく魚は日本周辺でも200種を超え、その内分類上でタイ科と呼ばれるのはなんと10数種! それ以外の「~だい」とつく魚は、いわゆる「あやかり“たい”」というもので、タイ科には分類されず本物の「た…

丸海 まめ知識 (小イカが獲れています)2019.03.26

春になってイカが獲れだしました。 その中でも、小イカといって、アカイカやスルメイカの小さなものもあがってきています。 小イカはお刺身用ではなく、加熱していただくものですがお酒、醤油、みりんなどでさっと炊いて山椒を添えるととても美味しい酒の肴…

丸海 まめ知識 (トラウトサーモン) 2019.03.19

日本人の食卓に、魚は欠かせない食材です。 その中でも人気があるのが「トラウトサーモン」。お寿司やお刺身でも定番のお魚ですよね。 そんなトラウトサーモン、赤身の魚だと思われがちですが実は白身魚だってご存知でしたか?エビやカニなどの甲殻類を食べ…

丸海豆知識(磯焼ちくわ いか)2019.03.12

丸海の「磯焼ちくわ いか」。 かのこ模様をまとったいかちくわは はじける旨味と食感が特徴で かめばかむほど味が出る風味豊かなちくわです。 通常のちくわよりも肉厚に仕上がっており歯ごたえよく魚の持ち味を生かしています。 イカが入っているのでキュウ…

丸海 まめ知識 (小浜よっぱらいサバ) 2019.03.05

小浜市では、かつての小浜のサバを復活させようと、2016年6月から産学官民が一体となってサバの養殖を実施しています。 そこで、御食国若狭と都を結ぶ鯖街道で運ばれたサバを、その終点である京都の酒蔵で育てる事を始め誕生したのが「小浜よっぱらいサバ」…

丸海 まめ知識 (松葉ガニ) 2019.02.19

「松葉ガニ」は鳥取から島根県・兵庫県・京都府の山陰地方で水揚げされるオスのズワイガニの呼び名です。ズワイガニといっても、産地・ブランドによりその名称は様々。 北陸地方では越前ガニ、京都では間人ガニなど、沢山の呼び名がありますね。 ところで、…

丸海豆知識(ハタハタ)2019.01.29

ハタハタは漢字で「鰰」や「魚編に雷」とも書きます。冬場、日本海が荒れ雷が鳴ると豊漁となることに由来し、また、雷と共にやってくる神の魚ともされています。 秋田音頭で有名なハタハタですが、若狭小浜でも人気があり干物(一夜干し、醤油干し)、煮物、…

丸海 まめ知識 (ネギトロ) 2019.01.22

さて、今回はネギトロについての豆知識です。その名の由来は諸説ありますが、今日は「ねぎ取る」からきているという説についてお話します。「ねぎ取る」とは、マグロの中落ち部分の身を骨の周りから削り取ること。 そこから「ネギトロ」に変化した、というわ…

丸海豆知識(寒中見舞い)

寒中見舞いは松の内が明ける日から立春までとされています。 なので、まさに今! そう、一年で最も寒い時期に、お互いを気遣うために贈るものなのです。お歳暮やお年賀の代わりに贈る場合も多いので、お世話になっている方へ寒中見舞いとしてギフトを贈って…

丸海 まめ知識 (ふぐ) 2019.01.08

ふぐの歴史はとても古く、なんと縄文時代には食べられていたそうで、縄文時代の貝塚からふぐを食べている形跡が残っているのが見つかっています。 平安時代には書物の中にもふぐの名前が載っており、また、江戸時代に入って、一茶や芭蕉などがふぐを題材にし…

丸海 まめ知識 (いくら) 2018.12.18

皆様、「いくら」と「筋子」の違いってご存知ですか? 「いくら」は、サケやマスの卵巣を塩漬けにした加工品のこと(※醤油漬けにした場合もこの名で呼ばれています)、「筋子」はサケやマスの魚卵を、卵巣膜(※粒をバラバラにほぐす前の段階)に包まれた状態…

丸海 まめ知識 (甘鯛) 2018.12.04

和食の高級食材として有名な「甘鯛(アマダイ)」 若狭湾で獲れるアマダイは「若狭ぐじ」と呼ばれています。 体の色は綺麗なピンク色で、角張った頭と大きな目が特徴的。 愛嬌のあるかわいい顔をしていますよね(*^▽^*) その名の由来は「甘みのある魚」である…

丸海 まめ知識 (千枚漬け) 2018.11.06

皆様、「千枚漬け」ってご存知でしょうか? 京都名物の漬物のことで、その名の由来は「薄く切ったカブを何枚も重ねて漬けるから」とも、「カブを千枚といえるほど薄く切って作るから」とも言われています。 原料のカブには、大きくて肉質の柔らかい聖護院(…

丸海 豆知識(ネギトロ)2018.10.30

「ネギトロ」とは、葱と、マグロのトロの部分の事を言いうのでは無い。ということを皆様ご存知でしたか? マグロを卸した際に骨の隙間に残った赤身(中落ち)や、筋の多い部位や皮の裏などの脂身をこそげ落とす(スプーンでねぎ取る)から来ています。なので…

丸海 まめ知識 (越前がに) 2018.10.23

冬の味覚の王者、黄色のタグが付いた福井県のブランドがに、『越前がに』。 甘く引き締まった身は、ズワイガニの中でも群を抜いています。 さて、この黄色のタグ、どういう意味があるかというと、福井県で水揚げされる「越前がに」に付けられる、越前がにの…

丸海 豆知識 (アナゴ) 2018.10.16

アナゴは、ウナギやハモとよく似ていている、ご存知細長い魚です。 ハモは鋭い歯を持っていますが、アナゴは上あごがかぶさりなんとなく優しい顔つき。 栄養分も優れていてビタミンAとして働くレチノールが多く含まれています。 粘膜や皮膚の抵抗力を高め、…

丸海 まめ知識 (アオリイカ) 2018.10.09

刺し身、すし種、イカそうめんなど、生食との相性が抜群の「アオリイカ」。 もちもちとした歯ごたえと、口いっぱいに広がる甘味とうま味が絶妙なイカです。 アオリイカは、なんとケンサキイカと並んで甘味アミノ酸であるグリシンやアラニンが多く、これらの…

丸海 まめ知識 (ホタルイカ) 2018.09.25

ホタルイカといえば、蛍のように発光することで有名なイカですね。 名前の由来もそのままで、漢字では「蛍烏賊」と表します。 そんなホタルイカの寿命は、なんとたったの1年! 春先に孵化した後日本海を回遊し、翌年の春先に産卵してその一生を終えると考え…

丸海 豆知識 (焼き魚の焼き方)2018.09.18

干物が美味しい季節となってまいりました。焼きたてアツアツの干物に、ちょっとぬる燗をつけて( ^ω^)・・・いかがでしょう? 上手に焼けたらいつもより、もっと美味しくなりますよ。 ではコツをご紹介 焼き方の基本は、盛り付けた時に上面になる方から焼…

丸海 まめ知識 (金目鯛) 2018.09.11

今日は金目鯛をご紹介します。 「タイ」と名のつく魚ではありますが、実は鯛とは別種。 けれど地方によっては、真鯛の代わりに祝い事の魚として使われることもあるそうです。 語源はその名の通り、目が金色に光ることからきています。 目が大きいのは何故だ…

丸海 豆知識 (マトウダイ)2018.09.03

今日は「マトウダイ」をご紹介。 マトウダイの「マトウ」は黒色の円紋を弓の的に見立てた「的」から転じたとする説と魚の顔を馬の頭に見立てた「馬頭」から転じたとする説があります。 マトウダイ、マトダイ、クルマダイ、バト、などと呼ばれ漢字では「的鯛…

丸海 豆知識 (味付け 岩もずく)2018.08.21

きれいな海の岩場でとれた天然の岩もずくで、 色は黒く抜群の歯ごたえのある独特のものです。 しゃきっとした歯ごたえと磯の香り豊かな「風味」が特徴。モズク特有の「とろみ」も豊富です。 この「とろみ」に含まれる成分が、健康によいと注目を集める「フコ…

丸海 豆知識 (甘エビ)

甘エビの標準和名は「ホッコクアカエビ」。 丸海おすすめの「日本海 甘えび」は、防腐剤等を一切使用していないので 甘エビの持つ特有の甘みと旨味を存分に、味わうことが出来ます。生臭くなく解凍すれば生と同様にお召し上がり頂けます。だから刺身や鮨タネ…

丸海 まめ知識 (塩雲丹) 2018.07.31

「からすみ」、「このわた」、「塩雲丹」。 この三品は美味である上、いずれも大量製造ができず入手が困難であったことから、江戸時代より日本三大珍味と称されたそうです。 そのうちの一つ、「塩雲丹」は、簡単に言えば雲丹の塩辛のことで、江戸時代の越前…