小鯛ささ漬の若狭小浜 丸海

小浜海産物株式会社のスタッフが、ささ漬や魚の食べ方を情報発信!

お客様からお寄せ頂いたご意見・ご感想をご紹介 2019.11.15

f:id:LoveSakana:20191004061637j:plain

 

「テレビで見て美味しそうだったので購入しました。とても美味しいので、また購入の予定です。」(愛知県 40代 男性)

「父が福井県人なので子供の時から、カニや魚をたくさん食べていたので懐かしい。戦争中は配給制になってしまい食べられなくなってしまった。」(栃木県 90代 女性)

「知り合いがお中元に使っているのを見て気になっていたところにテレビで取り上げられているのを見て、購入することに決めました。賞味期限が短いのにはびっくりしました。皮に切れ目を少し入れると食べやすいように感じました。」(青森県 50代 女性)

www.wakasa-marukai.co.jp


皆様、いつも貴重なお声をありがとうございます(≧▽≦)

 

 

お客様からお寄せ頂いたご意見・ご感想をご紹介 2019.11.15

f:id:LoveSakana:20180303073657j:plain

 
「小鯛ささ漬は、小さい時から食べていました。雲丹ひしおは帰省した時に初めて購入し、卵かけごはんやイカの刺身にとても合いました。今回、牡蠣ひしおとのどぐろささ漬は初チャレンジです。楽しみです。」(東京都 50代 男性)
 
「前からささ漬は知っていたのですが食べたことはなく、たまたまTVで見かけて福井に行ったら絶対買おうと思っていました。買ってみて本当に良かったです。とても上品で絶妙な塩梅で大好きな日本酒との相性抜群でした。また買いたいです!」(佐賀県 40代 女性)
 
「ささ漬の種類が多く、美味。買い物に行けない時の食卓の一品として、注文させて頂いております。海が荒れて新鮮な魚が入手し辛い時も便利です。」(大阪府 40代 女性)
 
 
 
皆様、いつも貴重なお声をありがとうございます(≧▽≦)

丸海 まめ知識 (アマダイ) 2019.11.12

「甘鯛(アマダイ)」は、その名が示す通り、身に甘みがあることからその名で呼ばれ、甘みのある白身は昔から美味とされてきました。

 

f:id:LoveSakana:20191102065909j:plain



国内で主に食用となるアマダイは、アカアマダイ・キアマダイ・シロアマダイの3種類があります。

見た目の色から呼び名が変わり、一般的にはアマダイと言えば「アカアマダイ」のことを指します。

シロアマダイが最も味が良く高級で、次にアカアマダイ、そしてキアマダイの順とされ、その身質から、シロアマダイは西京漬けに、アカアマダイの鮮度の良いものは刺身に、キアマダイは干し物にされることが多いようです。

また、アカアマダイは、福井県や京都府など、関西の一部の県においては「ぐじ」と呼ばれており、高級食材「若狭ぐじ」として広く知られています。

 

www.wakasa-marukai.co.jp

 

www.wakasa-marukai.co.jp

 

www.wakasa-marukai.co.jp

 

www.wakasa-marukai.co.jp

 

売れ筋ランキング TOP5 2019.11.11

先週2019/11/05~2019/11/09の結果発表
 

f:id:LoveSakana:20190624063348j:plain

 
 
1位 小鯛ささ漬 大樽 3樽入

www.wakasa-marukai.co.jp

 
 
2位 小鯛ささ漬 大樽 1樽入

www.wakasa-marukai.co.jp

 
 
3位 小鯛ささ漬 大樽 2樽入
 
 
4位 匠 小鯛ささ漬 200g 3樽入

www.wakasa-marukai.co.jp

 
 
5位 若狭の甘鯛千枚(ぐじせんまい)200g

御歳暮におすすめ!丸海のささ漬 2019.11.09

今年一年、お世話になった方々へ感謝の気持ちを伝える「お歳暮」。

 

f:id:LoveSakana:20191012073651j:plain



何を贈ろうか迷った時は、若狭小浜丸海の代名詞、

不動の人気ナンバーワン☆の「小鯛ささ漬」がおすすめです。

<小鯛ささ漬 大樽 1樽入>

www.wakasa-marukai.co.jp



<小鯛ささ漬 大樽 2樽入>

www.wakasa-marukai.co.jp


<小鯛ささ漬 大樽 3樽入>

www.wakasa-marukai.co.jp



「小鯛以外のお魚も気になるのよね~」と

いう方には冬季限定のこちら!

<千枚三題(千枚小鯛 千枚〆鯖 甘鯛千枚)>

www.wakasa-marukai.co.jp



京都の千枚漬けを使用した、絶妙な食感と甘味が引き立つ

「千枚(せんまい)シリーズ」のささ漬セットは冬だけの贅沢。

今だからこそ味わえる特別なささ漬です。

 

 

作ってみたい! 食べてみたい!2019.11.07

雲丹ひしおパスタ

 

f:id:LoveSakana:20180414075201j:plain

 

雲丹の風味豊かな、濃厚パスタです。

 

スパゲッティ…180g

生クリーム…100㏄

牛乳…100㏄

雲丹ひしお…大さじ2杯


作り方

1.スパゲッティ180gをたっぷりのお湯で茹でる。
2.フライパンに生クリーム、牛乳、雲丹ひしおを入れて、温める。
3.茹であがったスパゲッティをフライパンにいれからめ、盛り付けて完成。

 

www.wakasa-marukai.co.jp

 

丸海豆知識(魚の数え方)2019.11.05

魚の数え方にはいろいろありますが、最も一般的なのは「匹」ですね。

これは魚が生きているときも、水揚げされたあとでも使います。

魚が水揚げされて食材として扱われると、その形や性質によって、さまざまな数え方が現れます。

 

f:id:LoveSakana:20191102071415j:plain

 

見た目が細長い魚には「本」(ブリ、サンマ、カツオ、マグロ 等)

形が平らな魚には「枚」(ヒラメやカレイ等)

「1尾、2尾・・・」という数え方は、釣りの獲物や、商品として取引される魚、料理の材料として扱う時に使われます。


また、同じ魚でも、調理法によって数え方が変わるものもあります。

アジなど干物にする魚は、もともとは「匹」で数えますが、干物になると「枚」になります。

ウナギは、もともとは「匹」や「本」ですが、開いて串に刺せば「串」、蒲焼きは「枚」で数えます。

 

f:id:LoveSakana:20191102070431j:plain

 

イワシなどの小さい魚を連ねて干したもの(目刺し)は「連(れん)」、鰹節(かつおぶし)は「本」で数えます。

 

マグロも、丸ごとの状態では「匹」や「本」ですが、解体されていくに従って、「1丁、2丁・・・」(頭と背骨を落とした半身)、「1冊(ひとさく)、2冊(ふたさく)・・・」(短冊状に切り分けたもの)、「1切れ、2切れ・・・」(刺身など)となります。

ちなみにささ漬は 樽で数えますよ。

 

www.wakasa-marukai.co.jp